庭園美を眺めながら地元の豊かな素材を味わう

かなざわ玉泉邸

かなざわ玉泉邸
かなざわ玉泉邸

「金沢城址公園・石川門」から徒歩4分に位置する「かなざわ玉泉邸」では、日本海でとれた魚介類や滋味ゆたかな加賀野菜、
四季折々の新鮮な幸をふんだんに使った本格的な会席料理を味わうことができる。築200年を越す江戸時代末期の邸宅を現代的にアレンジした趣あふれるガーデンレストランだ。「兼六園」より120年も古い歴史を持つ庭園「玉泉園」が隣接し、美しい景観を望みながら食事を楽しめる。

かなざわ玉泉邸
かなざわ玉泉邸

「かなざわ玉泉邸」で提供される料理は加賀野菜をはじめ、地元で捕れた旬の魚介といった北陸ならではの食材をふんだんに使用している。豊かな自然によってもたらされた厳選素材の数々は、料理長の手間や創意を惜しまない伝統の技法によって至極の料理へと生まれ変わる。昼席は3,500円(税サ別)から、夜席は7,000円(税サ別)からのコース料理となっている。夜席は「おまかせ」コースを選ぶことも可能。2名からの完全予約制のため、訪問したい日が決まっている場合は早めの予約がおすすめだ。

かなざわ玉泉邸
かなざわ玉泉邸

料理を味わうお部屋は、裏千家茶室“ 寒雲亭” 写しの個室をはじめ、少人数で利用できるテーブル席も用意されている。「玉泉園」は崖地を利用した上下二段式の池泉回遊式庭園。約720坪の園内には樹齢350年と言われる朝鮮五葉松やノウゼンカズラの老樹をはじめ、北陸では珍しい水芭蕉やカキツバタ、金木犀など数百種の豊かな草木が生い繁り、四季の移ろいに合わせて様々な表情を見せてくれる。また、銭屋五兵衛ゆかりの灯籠や由緒ある隠れ切支丹灯籠なども見どころの1つ。「玉泉園」の最上段には裏千家始祖・千仙叟宗室が指導した灑雪亭露地があり、築約400年、金沢最古の茶室と云われている。夜の庭園はライトアップされ、昼間とはまた違った趣を感じることができる。眺める季節や時間、場所によってさまざまに変化する庭園美は、いつ訪れても新しい発見があるだろう。
 

かなざわ玉泉邸
かなざわ玉泉邸

特別な日の思い出作りや、大切な人をもてなす場として幅広く利用できる「かなざわ玉泉邸」は、味はもちろん、食事をする環境も“ごちそう”なお店と言える。

かなざわ玉泉邸
所在地:石川県金沢市小将町8-3 
電話番号:076-256-1542
営業時間:11:30~14:30、18:00~22:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)、臨時休業あり
http://www.gyokusen-tei.jp/index.html

詳細地図