寛永2年の創業の名菓を味わう

加賀藩御用菓子司 森八

加賀藩御用菓子司 森八
加賀藩御用菓子司 森八

JR線・IRいしかわ鉄道線「金沢」駅から車で約10分ほど東に向かったところに、1625(寛永2)年の創業、390年の歴史を誇る菓子店「森八」がある。日本三名菓の随一・長生殿をはじめ、季節限定の和菓子やシーンに応じた詰め合わせなどを取り揃えている。一部の商品はインターネットでも注文が可能。約400年続く伝統を守りながら時代の趨勢を汲み、利用者の利便性を大切にしていることが伺える。

加賀藩御用菓子司 森八
加賀藩御用菓子司 森八

商品は三百数十年間かわらぬ製法を守り続ける「長生殿」、四百年の歴史をもつ「伝統名菓 千歳」、加賀藩の御用金山「宝達山」にちなみ、金箔をあしらった上品な姿と味が人気の「もち皮 どら焼き 宝達」といった通年商品だけでなく、2週間ごとに商品が入れ替わる「季節の上生菓子」など季節限定のメニューも豊富。祝い事や法要など向けに詰め合わせ商品も扱っている。

加賀藩御用菓子司 森八
加賀藩御用菓子司 森八

本店の2階には「金沢菓子木型美術館」が設けられており、江戸時代より菓子作りに使われてきた落雁や金花糖などの菓子木型約1,000点が展示されている。そのほかにも、焼き印や渋紙などの菓子作りの道具数百点に加え、江戸期から明治・大正期にかけて作られた九谷焼などの菓子器百点余りを一堂に展示。加賀金沢の菓子文化の歴史を実際に目で見られる貴重な美術館となっている。

また、2階には「森八茶寮」もあり、隣接する武家屋敷「寺島蔵人邸」の名園を望みながらゆったりお茶と菓子を味わえるほか、希望日の前日、午後3時までに予約をすれば主計町「貴船」の特製弁当をいただくことができる(第1火曜日・水曜日は貴船が定休日のため除く)。メニューは「森八」オリジナルで、食後の抹茶とあんみつ(小)つきだ。

加賀藩御用菓子司 森八
加賀藩御用菓子司 森八

インターネットもしくは電話で予約をすれば「落雁手作り体験」を申し込むことができる。体験後には自分で作った落雁とお抹茶でのんびり一服。余った落雁はお土産として小箱に詰めてくれる。日本三名菓のひとつが気軽に手に入り味わえるのも、このエリアに住む人の特権と言えるだろう。

加賀藩御用菓子司 森八
加賀藩御用菓子司 森八

加賀藩御用菓子司 森八
所在地:石川県金沢市大手町10-15 
電話番号:076-262-6251
営業時間:9:00~18:30(1月・2月は18:00まで)
定休日:年始(1月1日・2日)
http://www.morihachi.co.jp/

詳細地図