古代より兼六園を見守る市内最古の宮

石浦神社

石浦神社
石浦神社

古墳時代に創建されたと伝えられる、金沢市内最古の神社「石浦神社」。もとは「三輪神社」と称し、江戸時代に当時の地名を採って現在の名称になった。金沢城公園と兼六園に隣接する地に建つ神社は、歴代の加賀藩主から城の産土神(うぶすながみ)として、また、城の鎮守様として篤く崇拝され、5代藩主が妻女の安産祈願をこの神社で行ってからは、地域の人に安産の神様としても崇められている。金沢市の名所に囲まれる神社は、縁結びの神様も祀られていることから、恋の願いをかなえるパワースポットでもあり、恋愛成就を祈願する人の姿も多く見られる。

石浦神社
所在地:石川県金沢市野町3-15-8
電話番号:076-231-3314
http://www.ishiura.jp/yuisho/index.html

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ